バーミヤン&ジョナサン

歪みのデメリット

カイロプラクティックイラスト(足施術中)

手足のしびれには筋肉の異常や骨などの異状によって起こりますが、これは整体などの療術で軽減させることが可能です。
筋肉や骨などが原因での手足の痛みは、背骨のなかの脊髄からのびる神経が圧迫されている為に起こることが大概です。
ですのでその原因を取り去ることで、治療は可能です。
ただし、手足のしびれには何らかの病気が隠れている場合もありますので注意が必要です。
手足のしびれでよく出てくる症状は左手と右手の感覚がなんとなく違う感じがする、洋服のボタンなどをかけにくくなるなど細かい作業が苦手になってくる、また字が書きずらくなるなど、様々な症状が出てくるでしょう。
こういった症状をほおっておくと、次第に手足のしびれは強まっていく可能性がありますので、症状が悪化してしまう前にしっかりと治療を受けるべきでしょう。

手足の痺れが出ているときの原因として、手の痺れに関しては頚椎という首の骨のずれ、または首周辺の筋肉が何らかのトラブルを起こしていることで発症していることが考えられるでしょう。
また足の痺れに関しても頚椎同様に、腰椎という腰周辺の骨のズレ筋肉のトラブルなどが考えられますから、矯正などの治療により骨のずれを治し、痛みを取り除いていく形になるでしょう。
ですが、この手足のしびれに関しては先述した通りに病気が隠れている場合があるので、整形外科もしくは脳神経外科での診察を受け、その可能性がないかしっかりと調べてもらうことも大切です。
病気の可能性がないようであれば、大方は骨や筋肉が原因ですのでしっかりとした治療で治すことが可能でしょう。